北海道

士別市

shibetsu

士別市へお問合せ

士別市

基本情報

士別市(しべつし)は、北海道上川地方北部にある市。道内の根室管内に同じ読みの標津町があるため、ラジオなどでは「サムライ士別」と呼ばれたり、「しべつし」と市を加えて区別する場合がある。第一次産業が主たる産業であり、農業、林業、畜産業が経済の中核を担っている。大正時代には澱粉製造、昭和初期からは製糖が盛んとなり、現在も甜菜糖の工場があり、主要な産業となっている。自動車・タイヤメーカーの試験場がつくられ、冬の厳しい寒さを利用した寒冷地試験が行われている。ミシュランのスタッドレスタイヤが当地で開発されたことから、一部[誰?]では「スタッドレスの聖地」と呼ばれている。出典:士別市 - Wikipedia

庁舎住所〒095-8686 北海道士別市東6条4丁目1番地 士別市役所
人口18,134人 (2021年)
出生数71人 (2020年)
学校数
  • 幼稚園: 3 (2020年)
  • 小学校: 6 (2020年)
  • 中学校: 4 (2020年)
  • 高校: 2 (2020年)
医療施設数
  • 病院: 1 (2018年)
  • 一般診療所: 13 (2018年)

士別市にご興味のある方!

お問い合わせはこちら