10県に住んだ経験を持つトリリンガルが、北九州市を選んだ理由

福岡県北九州市

10県に住んだ経験を持つトリリンガルが、北九州市を選んだ理由

移住者プロフィール

石井 京一

移住時期
2020年

出身地:京都府、現住所:福岡県北九州市、職業:貿易会社勤務

移住時期
2020年

出身地:京都府、現住所:福岡県北九州市、職業:貿易会社勤務

京都府出身の石井京一さんは大学卒業後、フリーランスで通訳の仕事などに就いていましたが、コロナの影響で仕事が激減。縁あって北九州の企業に就職することになり、2020年に福岡県北九州市へ移住しました。現在は貿易会社で得意の語学を活かして活躍しています。幼い頃から10県以上に住んだ経験があり、中でも北九州市の住みやすさはトップクラスだと話します。そんな石井さんに移住と現在でも学び続ける語学習得についてお話を伺いました。

移住のきっかけを教えてください。

石井京一さん(以下、石井)出身は京都で...と言っても、転勤族だったので、地元という地元はなくて、出会って最初の質問に毎回困るっていう。お決まりのパターンです。小学校も3回変わってますし、言ってしまえばどこでも住めるって感じです。

でも実は、小学校は熊本で卒業して、その後中学と高校の時は長崎に住んでいました。母の実家が鹿児島ということもあり、それですんなりと九州に。

移住のきっかけは就職でした。大学卒業してすぐ、フリーランスとして通訳をしていたんです。

それがコロナの拡大と同時に外国人が来なくなって、仕事がなくなって。旅行の添乗員の免許も取っていたんですけど、フリーランスとして諸々と予定を立てていたのが、どんどん真っ白になっていって。どうしようってなったのが、2020年の4月。

会社員になるか、と決めて、初めて就職活動をしました。そこで、日常的な英語や中国語とか、言語の面で採用してもらったのが、たまたま北九州の企業だったんです。

現在はどんな仕事をしていますか?

石井貿易会社で、中国語・英語を使って仕事をしています。主な取引先は中国。中国で製品を買って、船をブッキングして、国内のお客さんに届けるまでの一連の物流を担当しています。

携帯の中に映る石井京一さん


会社員になることに抵抗があったわけではありませんでした。フリーランスと言っても、そんなたいそうなことをしてきたわけではなくて。

自分でやってみて、どこまでいけるかな、と思って当時は東京や横浜を拠点に仕事をしていました。北九州には縁もゆかりもなかったです。

でも、競輪の通訳の仕事で全国を回っていた時に、小倉に行ったんです。今の会社を見つけた時に、「去年行った小倉競輪の、あのあたりか」となんとなくまちのイメージがついていて。もしそれがなかったら、他のところに行っていたかもしれないですね。

実際に北九州市に住んでみていかがですか?

石井満喫してますね、おかげさまで。街の規模とアクセスがいい。小倉駅周辺はほぼなんでも揃ってるし、土日何する?ってなったら、門司港、若松、足を伸ばせば博多、山口へも行ける。

僕の会社はこれから今後、月一回の中国への出張も予定していて、福岡からなら中国へのアクセスも良い。車があるとさらに移動がしやすいです。

夜の和布刈(めかり)公園は良いですよね。定番のドライブコースで、週1で訪れています。

仕事は9時から17時半まで。その後プライベートの時間にドライブに行ったり、英語を教えたりしています。

移住について話す石井京一さん

 

これからの“北九州市への移住”についてどう思いますか?

石井北九州って、本当に住みやすい。転勤族として、小さい頃から10県以上転々としてきたぼくの中ではトップクラスです。すぐに離れるのはもったいないと思っています。

北九州に来てから1年半。コロナ前は大きなイベントがあって、海外の観光客がたくさん集まっていた、という話をよく聞きますけど、まだ目にしたことはない。

北九州の活気が戻り、「いつも通り」になっていく姿を見たいですね。その先でも、友達の輪を広げていきたいです。

今はプライベートで英語を教えているのとは別で、グループを作って月に1回、英語で話したい、コミュニケーションを取りたい、という人を集めています。会のメインはトーク。もちろんその中で、こういう表現があるよって教える時もあります。それぞれの経験を語ったりする機会もありますよ!やっぱり、言葉って楽しいですね。

まず「人が好き」、というのが根幹としてあって。これは個人理念ですけど、世界中の人と友達になりたいと思っています。そのための手段として、日本語、英語、中国語...今はスペイン語も勉強しています。

移住について話す石井京一さん


北九州には面白い人が集まるローカルなコミュニティがあるんだけど、移住者がポンと入れるコネクションを作るのは難しいですよね。それで今、北九州に移住してきた人と繋がりたくて、コワーキングスペースのアトミカで毎週水曜の19時から20時半まで「もくもく会」ってのをやってるんです。

1時間半、みんなでもくもく勉強しませんか?っていうだけなんですけど。ゆるい繋がりのなかで会話も生まれるし、友達も作れる。施設の利用料はいらないし、会員にならなくても大丈夫。1回500円を僕に払ってもらう仕組みです。

せっかく北九州に来たけど、友達がいないと、帰りたいってなる人もいると思うので、もっとこう、ローカルな人と繋がれる入口があるといいと思います。

 

出典: https://kitakyushulife.jp/voice/17.html

自治体情報

MUNICIPALITY

福岡県

北九州市

kitakyushu
北九州市
  • 島暮らし

  • 自然と暮らす

  • 転勤を機に移住

【都会派も自然派も満たすまち】 九州の玄関口に位置する人口93万人の政令指定都市。都市機能が充実した暮らしやすい都市でありながら、海や山が身近に感じられる都市と自然が融合したまちです。 【みんなが暮らしやすいまち】 「子育てしやすい環境ランキング」 で政令指定都市1位。生活コストは大都市に比べて安く、海の幸・山の幸が豊富。 医療機関が充実しており、治安も大幅に改善された安全・安心なまちです。 【自分らしく働けるまち】 北九州市は、起業や就職、セカンドキャリア支援などを全力でサポート。 U・Iターン応援オフィスやシニアハローワーク、 ウーマンワークカフェなど相談機関も充実しています。 【災害リスクが低いまち】 北九州市は、自然災害が少ないのも特徴。地震の少ない地域で、日本海側に面しているため、津波のリスクも低く、台風が多い九州にありながら、台風が直撃することがほとんどありません。

もっと見る

北九州市へのお問い合わせはこちら