奥出雲の伝統産業「そろばん」の魅力を後世に残すために

島根県奥出雲町

奥出雲の伝統産業「そろばん」の魅力を後世に残すために

移住者プロフィール

梅木紀美子

出身地:出雲市斐川町、現住所:島根県奥出雲町 出雲市内で勤務後、結婚を機に奥出雲にIターン。雲州そろばん協業組合に勤務。

出身地:出雲市斐川町、現住所:島根県奥出雲町 出雲市内で勤務後、結婚を機に奥出雲にIターン。雲州そろばん協業組合に勤務。

結婚を機に奥出雲町に移住した梅木紀美子さん。雲州そろばん協業組合が開館して、知人に声をかけてもらったことがきっかけで働き始めたといいます。とはいえ、珠算は大の苦手だったのだそう。一体どのように「そろばん」の魅力を広める活動をしているのでしょうか。梅木さんに、移住後の仕事内容について詳しくお話を伺いました。

雲州そろばん協業組合に勤務したきっかけは?

梅木紀美子さん(以下、梅木)雲州そろばん協業組合が開館して、知人に声をかけてもらったことがきっかけで働き始めました。商業高校出身なのですが珠算は大の苦手で・・・。

当初は事務作業が中心だったのでそろばんと触れ合うこともあまりなく、また子育ての時期と重なっていたので仕事に全力投球できていませんでした。仕事に本腰を入れ始めた時、現場には多くの課題があることが分かりました。「自分がやるしかない」と意気込んだものの、今の自分では改善できないようなことばかり。

誰かに相談したくても移住者なので外との繋がりもない・・・そんな状況でした。どうしようかと思っていた時、知人の紹介で参加したセミナーが外と繋がるきっかけとなりました。町内で活躍するたくさんの方と出会い、それがきっかけで町内の女性グループの会に参加しました。こうしてできていった繋がりを少しずつですが社内で活かすことができるようになりました。

雲州そろばん協業組合に勤務する梅木紀美子さんがご自身をモデルに作成したキャラクター

主な仕事内容は?

梅木イベントを企画したり、自分のキャラクターなどを作ったりしました。同年受講した「しまね起業家スクール」では会社の経営ノウハウを学び、現場改善の手法など、受講生同士でアイデアをより具体化させました。

アイデアを社内へ提案したり、社内で上がった要望に自分から積極的に取り組んだりしたことで、少しずつ課題が改善されていくようになりました。また受講をする中で、苦手だったそろばんが好きということに気付き、「そろばんを広めて奥出雲の伝統産業を残したい」と思うようになりました。

町内では子ども向けチラシの作成を島根デザイン学校の学生に依頼したり、黒檀のマイ箸づくりのイベントを企画したりしました。チラシ作成で関わった学生さんからは、「奥出雲にはたたらと温泉以外にもたくさんの魅力があることが分かりました」と言っていただきました。その後、町内を走るバスをそろばんをモチーフにデザインするなど、繋がりが継続しています。

雲州そろばん協業組合のパンフレット

奥出雲町の課題にどのように向き合っていますか?

梅木現場では職人の高齢化が続き、後継者探しに力を入れています。特に働く側と雇う側のすれ違いがおきないよう、就職を希望する人へは事前に施設内や仕事内容などを見学、体験していただいています。新規で採用した方が増えたため、就業規則や安全面の見直しも始めました。

学生に向けて説明をする梅木さん

移住したての方や仕事で悩んでいる人に向けてメッセージをお願いします

梅木自分から積極的に飛びこんでいったら良いと思います。私も移住当初は自分から繋がりを作ることを敬遠してしまい、子育て・仕事のことを誰にも相談できず辛い日々を過ごしたこともありました。

でも連絡をしてみると、「自分もそう思っていた」「一緒にやりましょう!」などと言ってもらえることの方が多かったりします。是非自分から1歩を踏み出してみましょう。

「願いましてはご縁なり。」の添え書きが付されたそろばん

出典元: 1歩踏み出せば出会いは繋がる

* ワープシティ編集部が、記事の内容を一部編集しております。

自治体情報

MUNICIPALITY

島根県

奥出雲町

okuizumo
奥出雲町
  • Iターン

  • Uターン

  • いつでもアウトドア

  • ゲストハウス

  • テレワーク

  • ふるさとで暮らす

  • リモートワーク

  • 事業承継

  • 事業継承

  • 伝統をつなぐ

  • 半島の暮らし

  • 地域おこし

  • 地域おこし協力隊

  • 地方移住

  • 夢の暮らし

  • 子育て

  • 島暮らし

  • 後継者の仕事

  • 支援センターを活用

  • 支援制度

奥出雲町は、島根県の東南端に位置する山に囲まれた里山の町です。スサノオノミコトが降臨したと伝えられる出雲神話発祥の地で、神話ゆかりのパワースポットが数多く残っており、古くから「たたら製鉄」で栄え、今でも世界で唯一、たたら操業を行い、日本刀の原料となる「玉鋼(タマハガネ)」を生産しており、「出雲國たたら風土記」として日本遺産に登録されました。また、豊かな自然と気候で育まれた「仁多米」はとても美味しく、奥出雲町のたたらから育まれた資源循環型農業は日本農業遺産に認定されています。奥出雲町では豊かな自然と食材に囲まれた中でゆったりとした時間を過ごすことができます。

もっと見る

奥出雲町へのお問い合わせはこちら

移住体験談

NEW REPORT