山梨県中央市に移住してゼロから始めた農業

山梨県中央市

山梨県中央市に移住してゼロから始めた農業

移住者プロフィール

近藤

前住所:愛知県、現住所:山梨県中央市、職業:農家

前住所:愛知県、現住所:山梨県中央市、職業:農家

「ゼロから農業をやってみたい」という強い思いから、山梨県中央市へ移住した近藤ご夫妻。地域の方との関係も良好で、現在はトウモロコシとキュウリをメインに栽培しています。今後叶えていきたい夢に向かって、暮らしを楽しむご夫妻にお話を伺いました。

地方移住しようと決めたきっかけは何でしたか?

近藤さん(以下、近藤)夫婦で名古屋市内のメガネ販売店に勤務していましたが、妻の実家が兼業農家で週末に手伝っていました。自分たちで育てた野菜が道の駅などで売れる喜びを実感し、「自分たちも農業をやってみたい」と思うようになりました。

移住を決断したのは、「ゼロから農業をやりたい」という強い気持ちが芽生えたからです。

移住地に山梨県中央市を選んだ理由を教えてください

近藤山が好きで、以前訪れた時に観た星空の美しさが決め手となりました。そして農業大学校の先生の出張講義で中央市の農業振興公社の職員の話を聞き、中央市に魅力を感じました。

どのような作物を栽培していますか?

近藤今はゴールドラッシュ(トウモロコシ)とキュウリをメインに栽培、出荷しています。 中央市は畑がすぐに格安で借りられ、農機具のレンタルも可能など、農業をゼロからのスタートで、すぐに始めたい僕らのような人には良い条件がそろっていました。

自宅も畑の近くで借りることができ、生活にも不便は感じていません。

地域の方々との交流についてはいかがですか?

近藤とにかく周りの人たちが親切なのが有り難いですね。畑で作業をしていると、見かねて機械を貸してくれたり、余っているからと資材を提供してくれたり、「今年は気候がこうだからこうした方がいい」という貴重なアドバイスをたくさんしてくれます。

ウェルカムな雰囲気に溢れていて住民の方々がみな温かいので、農業を志す移住希望の方にはとてもおすすめの場所です。

これからチャレンジしていきたいことはありますか?

近藤私達には叶えたい夢があります。農業の師匠から聞いた話で、昔は土手から見下ろす景色は一面トウモロコシを栽培するためのビニールシートでキラキラと輝いていたそうなんです。

生産者が増えてその景色を取り戻す事が師匠と私たちの夢なんです。また、今後同じように農業を志す若い仲間がもっと増えていったら嬉しいですね。

自治体情報

MUNICIPALITY

山梨県

中央市

chuo
中央市
  • 地方移住

  • 夢の暮らし

  • 生産者として生きる

  • 畑のある暮らし

  • 移住してチャレンジ

  • 自然と暮らす

  • 農業の仕事

中央市は、山梨県のほぼ中央に位置し、釜無川、笛吹川、鎌田川、浅利川などが流れる豊かな自然環境を有しており、肥沃な土地では果実や野菜の栽培が盛んで、県内でも有数の生産地となっています。その一方で、山梨大学医学部及び同付属病院、大型商業施設、工業団地などの立地や、国道140号、新山梨環状道路、中央自動車道、中部横断自動車道や2027年開業予定のリニア中央新幹線の新駅に近接するなど、都市としての機能も充実しており、都市部と恵まれた自然環境が共生する地域で、豊かで健全な心身を育むことができるまちづくりを進めています。

もっと見る

中央市へのお問い合わせはこちら