11/26(土)~11/27(日)五島列島による食と暮らしを体験できる「五島の食と移住のPOP-UP CAFE」を開催!

長崎県五島市

11/26(土)~11/27(日)五島列島による食と暮らしを体験できる「五島の食と移住のPOP-UP CAFE」を開催!

長崎県五島市(市長:野口市太郎)は、移住及び二拠点生活を見据えた関係人口創出を目的としたイベント「五島の食と移住のPOP-UPCAFE」をCOMI×TEN Cafe(福岡市中央区大名)にて、11月26日(土)、27日(日)に開催します。

「五島の食と移住のPOP-UPCAFE」概要

日時2022年11月26日(土)11時00分〜17時00分
2022年11年27日(日)11時00分〜17時00分
場所COMI×TEN Cafe 福岡県福岡市中央区大名1丁目12-5 アペゼビル2階

「五島の食と移住のPOP-UPCAFE」とは?

移住相談会でも多数のご相談をいただいている五島市が福岡市に2日間限定のCAFEをプロデュースし、新たな移住相談の場を設けます。(入場は無料ですが、1ドリンクのオーダーをお願いします。)

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大等の状況により、イベント内容が予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

五島市の「食」を楽しむ特別メニュー

料理家の宮村ゆかり氏が今回のイベントに合わせて開発した、五島の食材による特別メニューを販売します。
潮風に吹かれた自然の草で飼育されて、肉質がやわらかく、味と香りがよいと評判の「五島牛」を使ったスパイスカレー、「五島の旬の魚」を使ったピタサンドをそれぞれ数量限定で販売。
五島の野菜や塩、卵なども使い、五島の食の魅力を詰め込んでいます。

移住相談員や2拠点生活実践者による相談コーナー

五島市の移住相談員に加え、福岡と五島の2拠点生活実践者や五島の暮らしを発信するYouTuberなど、通常の移住相談よりも気軽に話ができる相談コーナーを設けます。
五島市の概要がわかる移住説明情報の掲出やパンフレット等での情報のご提供も行います。
五島市で人気の食とクラフトアイテムも販売料理家の宮村ゆかり氏セレクトの五島のおいしい食品や五島市の移住者に人気のクラフトアイテムを販売します。
ラジオにて移住の最新動向も発信コミュニティラジオ天神(通称:コミてんラジオ)に、五島市移住相談員が出演し、最新の移住事情についてお話します。※11/27(日)予定
コミてんラジオは下記の方法で聴くことができます。
ラジオ(周波数:77.7MHz)
アプリ「Listen Radio(リスラジ)」
YouTube(コミュニティラジオ天神 FM77.7MHz)

五島牛ステーキのスパイスカレー、五島の野菜のアチャール添え

五島牛ステーキのスパイスカレー、五島の野菜のアチャール添え

 

五島野菜と鮮魚のフライのピタサンド

五島野菜と鮮魚のフライのピタサンド

 

コミュニティラジオ天神ロゴ

五島市について

九州最西端、長崎県の西に浮かぶ大小約150の島々からなる五島列島。
五島列島は、北部にある小値賀島を中心とした小値賀町、中通島、若松島からなる7つの有人島と60の無人島から構成される新上五島町(通称:上五島)、福江島、久賀島、奈留島からなる、11の有人島と52の無人島からなる五島市(通称:下五島)からなる自然と歴史が詰まった島々です。
五島市はコバルトブルーの海と白い砂浜、キリシタンの歴史を物語る世界文化遺産、四季を通して楽しめる釣りやマリンスポーツなど魅力にあふれています。
4年連続で移住者数が200名を突破する中、2019年には、五島市の人口がピークだった1955年以降初の「社会増」を達成し、若い世代を中心に多くの方が移住しています。
五島市の人口は約35,000人。
総面積は420.12km2(※平方キロメートルの表示で)、横浜市や名古屋市とほぼ同じ大きさ。福江島は日本で10番目の大きさの島で一周するには車で約3時間かかります。

料理家について

宮村ゆかり
料理家。栄養教諭、企業での商品開発、オーガニックカフェ勤務等を経て、「ミヤムの恋するcooking」を主宰。
ローフードやスパイス料理、旅をしながら現地で学んだベトナム料理の教室をはじめ、スーパーや飲食店、企業の商品開発にも取り組む。
2022年5月には五島市にて料理教室も開催し、好評を得ている。

料理家 宮村ゆかり氏

本件に関するお問い合わせ

五島市地域振興部地域協働課移住定住促進班
TEL:0959-76-3070(直通)/FAX:0959-74-1994(代表)
Mail:ui-turn@city.goto.nagasaki.jp

自治体情報

MUNICIPALITY

長崎県

五島市

goto
五島市
  • Iターン

  • Uターン

  • スポーツで豊かに

  • 二拠点生活

  • 地方移住

  • 子育て

  • 島暮らし

  • 支援制度

  • 文化をつなぐ

  • 村でくらす

  • 歴史をつむぐ

  • 漁師の仕事

  • 畑のある暮らし

  • 農業の仕事

五島列島の最南端にある五島市は、 列島最大の島 福江島、久賀島、 奈留島の大きな3つの島を含む11の有人島と52の無人島で成り立っています。美しい自然や新鮮で豊富な食材、古い歴史と文化に恵まれている五島市は、新しい事業や雇用が生まれ続けている元気な島でもあります。 暮らしの環境も整っていて、複数の大型スーパーやドラッグストア、 総合病院や診療所があるほか、保育所や小中学校も多数あり、「安心して暮らせる島」と多くの方の移住先に選ばれています。平成27年度~令和元年度の5年間で784人が移住し (Uターン含む)、 30代までの若い世代が7割以上を占めます。 定着率は8割を超えます。

もっと見る

五島市へのお問い合わせはこちら

五島市のイベント・セミナー

SEMINAR・EVENT