海へも会社へも5分。生活スタイルが移住前と180°変化

宮崎県日向市

海へも会社へも5分。生活スタイルが移住前と180°変化

移住者プロフィール

三村隆之

前住所:愛知県、現住所:宮崎県日向市、職業:医療事務

前住所:愛知県、現住所:宮崎県日向市、職業:医療事務

中心市街地・海へのアクセスも良好で、移住者にも人気の財光寺地区。
友人の何気ない一言をキッカケに、11年働いた愛知県庁の職を離れ、移住を果たした三村隆之さんご一家。
「4月から娘の中学校のPTA会長をすることになって」と困ったように笑いながらも、どこか幸せそうに話す姿は、日向での生活が三村さんの人生に心地よくフィットしていることを物語っていました。
仕事の前と後で波に乗る、サーファーだったら一度は憧れる生活を実際に手に入れた三村さんの、移住9年目の暮らしぶりをお伺いしました。

移住の経緯は?

三村隆之さん(以下、三村)日向には、愛知県庁の職員として働いていた頃にも、宮崎出身でボディーボーダーの妻と幼い娘を連れて、サーフトリップで来ていました。

ただ、全く移住は考えておらず、このまま愛知で公務員として働いて定年を迎えるとばかり思っていました。そんな12年前のある日、サーフトリップ中に知人から言われた「三村さんは、なんで宮崎に住まないの?」というごく普通の問いが、当時の自分にはとても響いて…。

確かに、妻も私も波乗りが大好きで、ましてや妻は宮崎出身、なぜ宮崎に住まないのだろう?と。それが初めて移住を意識したタイミングでした。

帰りの車で、妻に「宮崎に移住ってどうかなぁ?」とためしに相談すると、意外にあっさりと「楽しそう!」と返されて(笑)それをキッカケに、移住の準備を徐々に進めるようになりました。

宮崎県日向市の海でサーフィンをする三村隆之さん

日向を選んだ理由は?

三村海の近くの街を色々と回っていたのですが、暮らしやすそうな雰囲気と、波質の良さがやっぱり魅力的で、自分達に一番しっくり来たので日向を選びました。


ここは、田舎の中でも最低限のものがしっかりと揃っている規模の田舎なので、実際に住んでみても不便さを感じることは思いのほか無かったです。

波打ち際でサーフボードを持ち沖を眺める三村隆之さん

移住後の生活は?

三村愛知にいた頃は、通勤・残業時間も長く、子どもが起きる前に出勤して、寝た後に帰宅する日々の繰り返しでした。その分、妻の育児・家事負担も多く、ストレスもかなり溜まっていたと思います。


移住後は、残業も少なく、海まで5分・会社まで5分の場所に住まいがあるので、毎朝3人で一緒に朝食をとり、夕方仕事終わりにサーフィンをして、またみんな一緒に夕食をとるという、家族の時間を第一優先にした生活スタイルに180°変化しました。

妻も、いい波が上がると自転車で一人波乗りに出掛けて、自分の時間を楽しんでいます。

転職での苦労はありましたか?

三村当時は、インターネットで検索しても日向の情報はなかなか手に入らず、職が決まり移住するまでに2年半以上かかりました。

転職には苦労しましたが、今の職場はとても働きやすいですし、都会と違って人も多くないので、努力をすればその分だけステップアップも早いです。

収入は大きく下がったものの、自然とそれに合わせた無駄のないシンプルな生活スタイルに変わっていったので、特に苦しくはなかったですね。

私にとっては、多くのお金よりも、時間の余裕を作って、心の余裕を手に入れることの方が大事だったので。妻とも「ほんと、移住して良かったよね」と、ことあるごとに話しています。

ご自宅のウッドデッキに腰掛ける三村隆之さん

日向で楽しく暮らすコツは?

三村海はもちろん、美々津町にある“石並川”や東郷町にある“冠岳”など、豊かな自然とふれあえるスポットが近くにたくさんあるので、そういった環境をどんどん楽しんだ方がいいと思います。

私自身も、移住後にはじめた趣味のカメラを持って、あちこちに出かけています。あとは、地域の行事に積極的に参加するのもオススメです。

こっちの人たちは面倒見も良く、移住者に対して全く偏見がないので、私が自治会に初めて参加した時もみなさん「よくきたね!」と本当に温かく迎えてくれました。

そのおかげで、私も行事に参加することが増え、地区のお祭りで派手な仮装を披露して子どもたちを喜ばせることが楽しみのひとつになっています。

日向の美しい夕日と木に下げたウェットスーツ

移住を考えている方へアドバイスをお願いします

三村朝起きられずに、その日の一番いい波を逃したときって、後からすごく後悔するんですよね。移住も同じで、後から後悔するくらいだったら、絶対まず行動に移した方がいいと思います。

私も移住の際の情報収集にかなり苦戦した経験があるので、もし悩んでいることや聞きたいことがあればなんでも相談に乗ります!Facebookからぜひご連絡ください。

日向の森をバックに腰掛ける三村隆之さん

出典: https://phew-hyuga-iju.jp/interview/archives/14

自治体情報

MUNICIPALITY

宮崎県

日向市

hyuga
日向市
  • Uターン

  • アートな暮らし

  • サーフィンのある暮らし

  • シェアハウスで暮らす

  • 古民家を活用

  • 子育て

  • 島暮らし

  • 文化をつなぐ

  • 村でくらす

  • 歴史をつむぐ

  • 温泉の近く

  • 漁師の仕事

  • 畑のある暮らし

  • 空き家を活用

  • 結婚を機に移住

  • 自然と暮らす

  • 転勤を機に移住

  • 農業の仕事

日向市は宮崎県の北部に位置し、温暖な気候とコンパクトなまちづくりが特徴の、とても生活がしやすいまちです。恵まれたサーフスポットが点在しており、国際大会が開催されるなど、全国トップクラスの質の高い波が1年を通して楽しめます。きれいな山や川も市街地から近く、利便性が高いため、年代を問わず、多くの問い合わせをいただいています。また、待機児童もなく、誰に対してもあいさつをする地域性や豊かな自然環境があることから、子育てのために移住される方も増加しています。ぜひ一度、遊びにお越しください。

もっと見る

日向市へのお問い合わせはこちら

移住体験談

NEW REPORT