夢だった家具職人としてUターン・長崎市へ戻って来た理由

長崎県長崎市

夢だった家具職人としてUターン・長崎市へ戻って来た理由

移住者プロフィール

吉永 圭史

利用した支援制度
空き家バンク

出身地:長崎県長崎市、前住所:徳島県、現住所:長崎県長崎市、職業:吉永製作所 代表

利用した支援制度
空き家バンク

出身地:長崎県長崎市、前住所:徳島県、現住所:長崎県長崎市、職業:吉永製作所 代表

長崎市出身の吉永圭史さんは、高校卒業後に家具づくりを夢見て専門学校で建築を学びました。県外での修行後、家具職人として徳島県から長崎県長崎市へUターン移住しました。一度県外に出たことで、長崎の良さを再認識できたと語る吉永さん。現在は家具職人として働く吉永さんに、家具職人になるまでの経緯や、長崎市の魅力についてお話を伺いました。(取材年月:2020年7月)

現在のお仕事について教えてください

吉永圭史さん(以下、吉永)出身は長崎市滑石地区で、家具職人として独立するために帰ってきました。高校卒業後に機械工学の勉強をしていましたが、家具やインテリアについて学びたいという気持ちがあり、建築の勉強をしました。

専門学校を卒業後、京都の木工作家に弟子入りし、住み込みで働きながら、家具づくりの勉強をして、一通り道具の使い方を学びました。そこでは家具づくりだけでなく、自然の中で生活して、サラリーマンとは違う、人間らしい、クリエイティブな生き方も学びました。

建築・家具を学ぶ中で、椅子がすごく造形的で、人間に最も近い家具で、使う人のアイデンティティを表す家具であると思うようになりました。京都での仕事のあと、徳島県にある木製椅子メーカーに就職し、10年弱働きました。

Uターン移住するきっかけはありましたか?

吉永当初から独立する考えを持っていて、いずれは地元の長崎に帰ることを決めていました。工場を持つために音が出ても騒音の問題の少ない郊外を探して、東彼杵町や波佐見町、西海市、長崎市野母崎地区なども考えましたが、縁があって、外海地区に決めました。

独立を決めた時は、自分が完全にやっていける自信はなかったのですが、自分の時間で好きなものを作ることに魅力を感じていました。工場はしばらく空き家になっていた建物なので、当初は中まで草が入っていましたが、少しずつDIYで整備していきました。

そうこうしているうちに、地域に噂が広まり、覗きに来てくれる人が増え、定住することに対して、地元に喜ばれた感じがしたことを覚えています。

「吉永製作所」の工房で家具を作る吉永圭史さん

移住後に感じた長崎市の魅力を教えていただけますか?

吉永高校卒業まで長崎に住んでいましたが、当時は長崎の良さはわかりませんでした。県外に出たことで、長崎の市街の建築物が中華風であったり、賃貸アパートでもとんがり屋根など西洋風であったり、長崎ならではの特徴がこれまで住んできた京都や徳島と違い、他の自治体にはない特殊な感性を感じました。

現在住んでいる家については、仕事場の近くにある物件で、地元の空き家バンクで紹介してもらいました。購入前は、天井が破れたり、木が屋根にかかったりしましたが、深刻な状況ではなかったので、間取りを見て、直感的に気に入って購入しました。外海地区は歴史、文化的背景が面白いです。

地区内には遠藤周作の小説『沈黙』の舞台になっている場所があったり、古くから石積みの文化があるので、石積みの家や塀が残っていたり、独特な景観を生み出しています。古くて良いものが残っているので、何もいじらずに、良いところを守り、価値を伝えていくことが大切だと思います。

実際に暮らしてみて地域交流についてはいかがですか?

吉永海が綺麗だし、水も綺麗。夕陽はさらに綺麗です。自然だけでなく、すぐ近くに出津教会堂があって、12時には教会の鐘が鳴るなど風情もあります。自然もあり、建物や雰囲気も素敵で、地元の人も穏やかだと感じています。外海で暮らしていくことを決めた時には、自分勝手なことはできないと思い、地域の活動などにも積極的に参加しています。

昨年度は自治会の班長をして、自治会長の会長さんたちとも親しくなりました。外海の人は本当に優しく、パンをくれたり、野菜の育て方を教えてくれたり、自分たちを受け入れようとしてくれる気持ちの表現が何より嬉しかったです。

今後の展望について教えてください

吉永将来的に自分の工房が経済的に自立し、雇用を生むようになることが地域への貢献だと考えて、5年後、10年後に、地元に貢献できるようになればいいと思っています。地元も活性化していくためにもっと人を呼び込もうとしているので、私もこの地にあった方法が見つかれば行動したいと思います。

なかなか即効性のあることはできませんが、自分ができることを見つけていきたいです。外海の地に根を下ろし、地元の木材を使った家具を作って、ここでしかできない仕事をしたいと考えています。大雨の時など、自然の脅威を感じることがありますし、日常でも不便を感じることはありますが、随分慣れました。

もともと自然が好きだったので、自然に囲まれながら、仕事と生活が緩やかにつながっている感じがする今の暮らしを気に入っています。

ご自宅の玄関前で吉永圭史さんと奥様

地域のオススメスポットはありますか?

吉永私のオススメスポットは「大野教会堂」です。長崎市外海地区の下大野町にある明治期に建てられた教会で、石壁・瓦屋根の小さな教会です。西洋の知識、日本の技術、地元の素材で作られていて、とても魅力的な教会です。

移住を検討されている方へメッセージをお願いします

吉永移住は、無理はしない方がいいと思います。地元の方々とのコミュニケーションを、本当に楽しめるかどうかが大事です。移住先では、自分勝手は地元の方々との軋轢を生みかねません。地元の人には敬意を表し、地域コミュニティの一員であるという自覚が必要です。

受け入れる地元側も来て欲しくない人には「ノー」と言っていいと思います。都会の人と田舎の人は表現が違うので、理解しようとする気持ちを持った関係づくりが大切だと思います。

下大野町にある「大野教会堂」の外観

出典: https://nagasakijin.com/publics/index/104

自治体情報

MUNICIPALITY

長崎県

長崎市

nagasaki
長崎市
  • Uターン

  • アートな暮らし

  • スポーツで豊かに

  • テレワーク

  • ふるさとで暮らす

  • 二拠点生活

  • 半島の暮らし

  • 地域おこし

  • 地域おこし協力隊

  • 夢の暮らし

  • 島暮らし

  • 文化をつなぐ

  • 村でくらす

  • 歴史をつむぐ

  • 漁師の仕事

  • 移住してチャレンジ

  • 空き家を活用

  • 自然と暮らす

  • 遊び場が近い

長崎市は、九州の西端、長崎県の南部に位置し、人口約43万人の中核市です。西側、南側、東側は海に面しており、五島灘、橘湾、大村湾が広がっています。長崎港内の平坦な地域には、商業・業務機能が集積し、長崎港を中心としたすり鉢状の地形に形成された斜面市街地とあいまって、独特の都市景観が形成されています。江戸時代には西洋に開かれた唯一の貿易・文化の窓口として栄え、ポルトガルやオランダ、中国など海外との交流から生まれた、和華蘭(わからん)文化と称される独特の文化や伝統が市内各所に点在している歴史と異国情緒の漂うまちです。 また、長崎市は今、100年に一度と言われる進化の時を迎えており、MICE施設(出島メッセ長崎)、恐竜博物館が2021年に完成し、2022年度には新幹線の開通と新しい駅も開業予定です。さらに2024年度には、V・ファーレン長崎のホームスタジアムも完成予定です。変化しているのはまちのかたちだけではなく、若い人が新しい事業や活動を立ち上げる動きも生まれています。

もっと見る

長崎市へのお問い合わせはこちら

移住体験談

NEW REPORT