同じ夢を追い続けてきた二人が叶えた、南大隅町での就農!

鹿児島県南大隅町

同じ夢を追い続けてきた二人が叶えた、南大隅町での就農!

移住者プロフィール

⼭⼝ 愛未(あみ)

内藤 あず美

出身地:鹿児島県⿅屋(かのや)市上祓川町(山口愛未さん)、⼭⼝県岩国市(内藤あず美さん)、前住所:福岡県、山口県、現住所:鹿児島県南大隅町、職業:畜産業(牛)

出身地:鹿児島県⿅屋(かのや)市上祓川町(山口愛未さん)、⼭⼝県岩国市(内藤あず美さん)、前住所:福岡県、山口県、現住所:鹿児島県南大隅町、職業:畜産業(牛)

鹿児島県鹿屋(かのや)市出身の山口愛未(あみ)さんと山口県岩国市出身の内藤あず美さん。福岡県内の専門学校で出会って以来、“同じ夢を追い続けてきた”というお二人。「自分たちの力で畜産をやりたい」という想いをカタチにするべく、畜産が盛んな鹿児島県南大隅町に移住し、就農を果たしました。飼育牛の健やかなる成長を願い、更なる目標に向かって共に歩を進めるお二人に、お話を伺いました。

ご出身はどちらですか?

⼭⼝愛未(あみ)さん(以下、山口)鹿児島県鹿屋(かのや)市上祓川(かみはらいがわ)町です。

内藤あず美さん(以下、内藤)山口県岩国市です。

南大隅町に移住し、就農した経緯を教えてください

山口それぞれ地元の⾼校を卒業後、福岡県内の専⾨学校で知り合いました。以来ずっと、同じ夢を抱いてルームシェアを続けています。専⾨学校では動物の飼育を学び、卒業後は⼭⼝県内の牧場や動物園などで働きましたが、次第に、「⾃分たちだけで畜産をやりたい」という思いが募るようになりました。

まずは山口県内での就農を検討し、畜産試験場に勤めましたが、「せっかく就農するならもっと畜産が盛んな場所にしよう」という話になりました。たまたま、私の祖⽗が佐多(さた)で兼業農家をしており、⼩規模ながら⽜も飼っていたことから、南⼤隅町役場に問い合わせをしたことがきっかけです。

これまでの経験から、すぐに研修生として受け入れてもらえたそうですね。南大隅町の支援制度は利用しましたか?

内藤「繁殖⽜だけで⽣計を⽴てていきたい」という共通の想いを胸に、「⾨原畜産」の研修生として、すぐにスタートすることができました。南大隅町独⾃の「⽀援制度」を利用でき、1年間、生活費をもらいながら研修を受けられたのも良かったですね。

研修しながらその⼟地の特徴も掴めましたし、融資⾯でも条件が易しくしてあったので、「自分たちで始める」後押しになりました。

営農についての情報収集はどのようにされていますか?

山口実技⾯は慣れていましたが、不慣れな経営面のサポートは、役場の担当者が丁寧に指導してくれました。先輩から学ぶことも多かったです。困ったときは、SNSで相談することもありますよ。

⼭⼝県で学んだ「⾎統」とは全く違うので、勉強し直しています。市場の評価がそれぞれ違って、⾁質重視の地域もある中、この肝属(きもつき)エリアでは、⼤きな⽜が好まれます。⾃分たちの商品価値を⾼めるために、勉強を続けていきます。

本日(取材当日)、お二人にとっての初競り日だったそうですね。ますますお忙しくなりますね

内藤偶然にも、今日が私たちにとっての初競り⽇となり、⿊⽑和⽜の⺟⽜を20頭ずつ、計40頭購⼊したところでした。休めるのは、雨の日ぐらいです。晴れた日は、田んぼに入って牛にやる草刈りに追われています。

今後の目標を教えてください

山口内藤今後は、従業員を雇わずに、⾃分たちで⾷べて⾏けるくらいの規模を考えています。がっつり会社にして、⼤きく稼ごうという考えは持っていないです。とにかく「⽜が元気に育ってくれれば」と願っています。

実績を積んで、5年以内には、それぞれ30頭ずつ飼えるようになりたいですね。

仲良く並ぶ二頭の大型犬

これからI・Jターンを考えている方に向けて、アドバイスをお願いします

山口内藤町営住宅は縛りが厳しいので、家の確保に困るかもしれません。「空き家バンク」を利⽤してみるといいと思いますね。

出典: http://furusato-kagoshima.com/minamioosumi/syuunou/01.html

自治体情報

MUNICIPALITY

鹿児島県

南大隅町

minamioosumi
南大隅町
  • Jターン

  • Uターン

  • お試し移住

  • ふるさとで暮らす

  • リモートワーク

  • 事業承継

  • 半島の暮らし

  • 地域おこし

  • 地域おこし協力隊

  • 地域を活性化

  • 地方移住

  • 夢の暮らし

  • 子育て

  • 島暮らし

  • 後継者の仕事

  • 支援センターを活用

  • 支援制度

  • 新規就農の仕事

  • 村でくらす

  • 漁師の仕事

北緯31度線 本土最南端のまち 南大隅町 南大隅町は、三方を海に囲まれ、本土最南端に位置し、北緯 31 度線上にあることから気候も温暖で農業が盛んな町です。水稲や春バレイショに加え、亜熱帯性の気候を活かしたパッションフルーツやマンゴー、アボカド、山間部では畜産業も盛んで、肉用牛や豚、ブロイラーの生産も行われています。

もっと見る

南大隅町へのお問い合わせはこちら

移住体験談

NEW REPORT