野菜の魅力は自分でコントロールするものではない

島根県奥出雲町

野菜の魅力は自分でコントロールするものではない

移住者プロフィール

田部義美

出身地:奥出雲町、前住所:広島県、職業:農業

出身地:奥出雲町、前住所:広島県、職業:農業

奥出雲町八川地区出身の田部義美さんは、横田高校を卒業後、広島の短期大学で農業について学び、青少年野外活動センターに勤務後、奥出雲にUターン。農業を始めて33年が経つという田部さんに、奥出雲の農業についてお話を伺いました。

農業を始めたきっかけは?

田部義美さん(以下、田部)結婚を機に奥出雲にUターン、祖父母が始めた農業を手伝い始めたのがスタートです。農業において、いちばんの学びの場はやはり実践。ゼロからの開始です。

経営を引き継いだ当初はキャベツのみの栽培で、連鎖障害になりうまく作れない時期が続きました。大根の栽培も開始しましたが、奥出雲特有の土を扱うことに苦労しました。

毎週市場に運ばれる他県の大根を研究し、10年かけて品質の良い野菜が完成しました。調査の中で実感したことは”野菜の魅力は自分でコントロールするものではない、野菜たちが教えてくれるもの”ということです。新しい取り組みをやろうという気持ちは今も変わらず(今が一番高いですね!)、日々楽しく野菜たちと関わっています。

田部義美さんが栽培した大根

奥出雲町の農業における課題について教えて下さい

田部奥出雲では年々農家が減少し、中心にいる世代は60代以上。携わる若者は全体の25%しかいません。田畑の荒廃も進んでいます。次世代への引き継ぎや、新しいことに挑戦する気質は伸びしろがある一方、地域を盛り上げようとする若い人たちの活動を見て、以前よりも良い変化を感じています。

”食というのは大きな魅力を持っている”というテーマで、町内の学校で食や農業を教える機会をいただくことがあります。そこでは子どもたちだけでなく、学校の先生に農業の大切さや食の価値を伝えるよう努力しています。自分だけでなく、身近にいる大人が子どもたちに伝える土壌づくりにも力を入れています。

子育てをするお母さんたちにはもっと野菜を買ってほしいですね。野菜を買う際にそのストーリーを知ることで子ども達が農家の人を思い浮かべるかもしれない。そんな会話が食卓で生まれたら嬉しいですね。

奥出雲での農業の魅力について教えて下さい

田部”ひとがやらないところを探し出すことが農業である”。料理を作るときに‘’どうやったらおいしくなるか‘’を考えると思いますが、農業も同じです。考えに考えてオリジナルのものができた時、農業はきっとやりがいになると思います。地域の活性を考える際、”食”は人を集める魅力的なアイデアです。”食”はリピーターもつきやすく、評判になりやすい。

その結果、外からお客さんが買いに来てくれ、同時に町を楽しんでくれます。そういった可能性を秘めているのです。“やると決めて突き進めば、道は開ける”。人は選択肢がたくさんあると楽な道を選びがちです。農業は決して楽な道ではありません。

ですが、やると決めて突き進めば、さまざまな人や設備が支援してくれる環境が奥出雲にはあります。

出典元: 食と農の可能性

* ワープシティ編集部が、記事の内容を一部編集しております。

自治体情報

MUNICIPALITY

島根県

奥出雲町

okuizumo
奥出雲町
  • Iターン

  • Uターン

  • いつでもアウトドア

  • ゲストハウス

  • テレワーク

  • ふるさとで暮らす

  • リモートワーク

  • 事業承継

  • 事業継承

  • 伝統をつなぐ

  • 半島の暮らし

  • 地域おこし

  • 地域おこし協力隊

  • 地方移住

  • 夢の暮らし

  • 子育て

  • 島暮らし

  • 後継者の仕事

  • 支援センターを活用

  • 支援制度

奥出雲町は、島根県の東南端に位置する山に囲まれた里山の町です。スサノオノミコトが降臨したと伝えられる出雲神話発祥の地で、神話ゆかりのパワースポットが数多く残っており、古くから「たたら製鉄」で栄え、今でも世界で唯一、たたら操業を行い、日本刀の原料となる「玉鋼(タマハガネ)」を生産しており、「出雲國たたら風土記」として日本遺産に登録されました。また、豊かな自然と気候で育まれた「仁多米」はとても美味しく、奥出雲町のたたらから育まれた資源循環型農業は日本農業遺産に認定されています。奥出雲町では豊かな自然と食材に囲まれた中でゆったりとした時間を過ごすことができます。

もっと見る

奥出雲町へのお問い合わせはこちら

移住体験談

NEW REPORT